メインの内容へジャンプ マーケティング システムズ

本文はココからです。

地理情報システム(GIS)の活用効果

地域毎の建築状況やポテンシャルの把握、自社ブランド力の評価やトレンドが可能に!

地理情報システム(GIS)の活用効果

開発情報を用いて地理情報システム(GIS)による各種分析を行うことによって、下記のようなGIS分析が可能になります。

 

  1. 地域毎のシェア把握

    建築物の着工件数、施工会社、構造、階数などの各種の情報をもとに、地図上で地域別のマーケットシェアを把握することができ、ご指定の商圏で情報を集計して、図表などを使った分析レポートを作成します。

  2. ポテンシャル分析を踏まえた支店(営業所)カルテの作成

    地域毎の顧客数や購買層を視覚的に分析することで、地域が持つポテンシャルを把握することができます。 それにより、支店(営業所)の適切な目標設定と実績評価が可能になります。 また、商圏重複度を把握することで、支店(営業所)の統廃合の検討にも役立てることができます。 さらに、地域毎の様々な統計データと組み合わせ、クロスランキングを行うことで、地域特性と支店(営業所)の関係を把握することができます。

  3. 時系列分析を踏まえた自社ブランド力の評価・販売促進策の検討

    地域毎・支店(営業所)毎の着工件数やシェアを時系列で分析することによって、競合他社と比較した自社ブランド力の変化や自社ブランドのシェアを評価することが可能になります。
    また、中長期的なブランド戦略・販売促進策の策定にも活用することができます。

当社は地理情報システム(GIS)分析のイメージ化した図表を多岐に渡り提供します。

地理情報システム(GIS)は、統計情報(国勢調査・商業統計等)やポイント情報(支店・学校・商業施設等)を重ね合わせることで空間的な分析イメージの提供が可能です。

  • 低層住宅の建方区分別建設エリアの把握

    (低層建物の戸建住宅、共同住宅、長屋住宅の建設予定が把握できることからエリア別にターゲットを絞り込むことが可能です。なお、中高層の共同住宅を含めた全住宅を対象にすることも可能です。)

  • 低層住宅の利用形態・構造別建設エリアの把握

    (低層建物の持家、貸家、分譲の建設予定と構造をエリア別に把握できることから、構造別のターゲットを絞り込むことが可能です。又、持家は、土地の既存所有者か新規購入者であり、施工会社と構造より建設単価のおおまかな判断が可能で、建築主の裕福度を考慮したマーケティングも可能です。)

  • 低層の戸建住宅の建築主の地域的な移動特性(県外、県内、市内・郡内からの移動)を把握することができ、県外転入者が多い地域や転入元の地域分布などが把握できます。建替えが多い地域、分譲により他の地域から転入者を受け入れている地域などの分析が可能です。
  • 顧客情報を活用し、実際の店舗の商圏規模を分析して、商圏の範囲を定義します。
    その上で店舗の商圏重複度を計算します。
  • 売上に対するポテンシャルを検討して定義します(着工数・人口・人口成長率・競合店数等から演算)。 そして店舗毎のポテンシャルを集計して把握します。
  • ポテンシャルと実績(着工数等)を用いて、店舗の分類と評価を行います。
  • 課題や対策をまとめた店舗カルテを作成し、店舗毎に重点課題をクリアしていきます。
  • 地域毎・店舗毎の着工件数やシェアについて、時系列分析を行います。
  • 商品構成等を含めて分析して、変化のトレンドを評価します。

GISを活用したシステムのイメージ例

GISを活用したシステムのイメージ例「全社的にシステム導入をすることで、本社企画・営業部署と全国の支店との営業戦略ネットワークの構築が実現します。」

お問合わせ

  • 株式会社 マーケティング システムズ
  • 大阪事務所 〒532-0011 大阪府淀川区西中島6-8-8 花原第8ビル7階 TEL:06-6304-5870 FAX:06-6304-5914
  • 東京事務所 〒102-0074 東京都千代田区九段南3-8-10 川内ビル4階 TEL:03-5211-5536 FAX:03-5211-0024
  • Copyright © Marketing Systems All Rights Reserved.